りんご

特徴

群馬県は知る人ぞ知るりんごの産地です。群馬は昼夜の温度差や日照時間の長さ、内陸特性の気候など、果樹栽培にとって良好な条件がそろっていて、品質の良いりんごが生産されています。

ぐんま名月

「ぐんま名月」は、10月下旬~11月中旬に収穫されるりんごで「幻の黄色いりんご」と呼ばれています。ジューシーで甘味が強く、酸味が少ないのが特長です。

県内では、直売所や観光りんご園などで、完熟のもぎたてを楽しむことが出来ます。毎年、早い時期から予約が入り、収穫時期には売り切れてしまう程の人気ブランドです。

平成3年に誕生して以来、人気が高く「ぐんま名月」を目当てに群馬県を訪れる方も多いのですが、収穫量が限られているために売り切れてしまうこともあり、「幻の黄色いりんご」と呼ばれる所以となっています。

スリムレッド

「スリムレッド」は群馬県生まれの品種で、名前のとおりスリムで小ぶりなりんごです。
あらごしの食感で甘さと酸味のバランスが良く、皮ごと食べられるのが特長です。

収穫期は、10月下旬から11月初旬です。日持ちも良く、収穫から冷蔵で3カ月程度日持ちします。小ぶりのため、ピクニックなどお出かけの際に携帯しやすく、外出先で気軽にスリムレッドを楽しむことができます。

ふじ

「ふじ」は、その美味しさと貯蔵性の高さから、日本で最もたくさん生産されているりんごです。多汁で密が入り甘みが強く、食感もシャキシャキとして心地良いのが特長です。

食べ方

準備中


群馬が誇る一品一覧へ