トマト

特長

冬春期は、日照に恵まれた平坦地で、夏期は、昼夜の温度差の大きい冷涼な高原地帯で、それぞれ特長ある銘柄トマトが生産されています。

フルーツトマト(ブリックスナイン)

名前のとおり糖度(ブリックス)9度以上の高糖度トマトです。通常のトマトは糖度5~6度ですが、それに比べるととても甘いトマトです。

果肉がしっかりしており、濃い赤に色付いています。甘さにこだわり濃厚な味のため、そのまま食べるのがベストです。群馬県が開発した、かん水量を調節する栽培法のため、小ぶりで収量は従来の大玉トマトと比べ半分以下ですが、一度食べるとやみつきになるほど美味しいトマトです。

 

ミニトマト

群馬県では中部や東部地域で栽培が盛んで、主に晩秋から翌年の初夏にかけて出荷されています。生産者は豊富な経験をもとに水の管理に気を配り、甘いミニトマトを生産しています。


群馬が誇る一品一覧へ