やよいひめ

特徴

「やよいひめ」は、群馬県が育成した「とねほっぺ」と、栃木県が育成した「とちおとめ」をかけ合わせてできた、群馬県のオリジナル品種です。

大きい粒と上品な鮮紅色が特長で、甘みと酸味のバランスが良くて美味しいのはもちろん、実がしっかりしていて食べごたえがあり、日持ちも良いいちごです。

また、その名のとおり、他品種の品質が低下しやすい3月(弥生)でも安定した品質を保てることも大きなセールスポイントです。


群馬が誇る一品一覧へ